蝸牛の庵

好きなこと、好きなだけ

プレアデスと銀河鉄道

 

  あんスタ『プレアデスの夜』イベントのストーリー感想です。そんなに凄まじいネタバレはないがほぼ自分用メモと化しているので、一応怖い方は本編読んでからどうぞ。

 

 


  『プレアデスの夜』のステージやカードには、宮沢賢治の名作『銀河鉄道の夜』のモチーフが使われている。イベントタイトルも恐らくそれを踏襲したものだろう。
ここで既に宮沢賢治ガチ勢のわたしは五体投地し涙と鼻水をたれながら慟哭したわけである。


  そうだ、逆先夏目はジョバンニなのだ。
  そして、青葉つむぎはカムパネルラ。


  というわけで、宮沢賢治ガチ勢的エモーショナル激重プレアデス考察(?)を展開していきたい。
銀河鉄道の夜』については教科書にも載っていたことと思うので読んでいることを前提に書いているのだが、ぬるっと説明すると貧しい少年ジョバンニが友人のカムパネルラと不思議な鉄道に乗って銀河の旅に出るよみたいな話だ。最高なので読んでください。読めよ。

 

 

 

★ふたりは対極にいた

  『銀河鉄道』の冒頭。ジョバンニが同級生のザネリと仲間たちに大声でからかわれる場面がある。その場にいたカムパネルラは何も言わず、ザネリたちとともに去っていってしまった。ジョバンニとの間にあった友情よりもザネリに同調することを選び、気の毒そうな顔で苛めを黙認するのみだった。

 

  天祥院英智のことをザネリと置き換えることを良しとするなら(わたしは天祥院英智のことも大好きなのであしからず)、これはfineに属し五奇人討伐に加担していた青葉つむぎを彷彿とさせる。
  つむぎは夏目たち五奇人が迫害されることを認めていた。昔から知っていた『なつめちゃん』が苦しんでいるのを、可哀想だと思いつつも必要悪として捉えていたのだ。

 

 


★仲間になる

   それでもジョバンニはカムパネルラを受け入れる。銀河をゆく旅の仲間として迎える。
カムパネルラのほんとうの心がまっすぐで曇りのないものだと知っているからだ。

  英智から切り捨てられたつむぎを拾い上げたのはほかの誰でもなく夏目だった。それは一度fineとして上り詰めたつむぎを利用するためでもあったが、それ以上につむぎに信頼を置いていたからだ。

 

 

 

★蠍(さそり)の火

  銀河の旅路の途中、ジョバンニは車窓から赤い強い光を見つける。「あれは何の火だろう」というジョバンニに、カムパネルラが「蠍の火だ」と答える。
すると乗客の女の子が、『蠍の火』の言い伝えを教えてくれる。

  むかし、いたちに追いかけられて井戸に落ちた1匹のさそりが、溺れながらこう祈った。自分は今までたくさんの命を奪って生きてきたというのに、いざ自分が食べられようとした時には一生懸命に逃げてしまった。どうせ溺れ死ぬ命ならくれてやればよかったのに。どうかわたしのこの心を見てほしい。そして次こそは「まことのみんなの幸」のためにこの身体を使ってほしい。
すると、さそりのからだは真っ赤な美しい光となって夜を照らすようになった。今でも明るく燃えるその光こそが『蠍の火』なのだと。

  旅が終わりに近づいてきたころ、カムパネルラとの別れが迫っていることも知らずジョバンニはこう言う。
「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない。」
そして、カムパネルラは涙ながらにその言葉に同意する。

 

  夏目は最後の五奇人として、戦火から自分を守ってくれた4人の『にいさん』たちの夢を受け継ぐことを誓う。今度は自分が火に包まれようとも、道に光を照らそうとする。夢を高く、輝く星のように、夜空に掲げてみせると心に決めている。

 

  つむぎはかつて、fineのひとりとしてたくさんの人を傷つけ、夏目たち五奇人をばらばらにした。それなのに夏目の隣で、過去の戦いで英智が築いた安全な囲いの中で幸せを享受しようとしている。その矛盾を受け入れられないでいるからこそ、夏目が進んでゆくために「また利用される」ことを選んだ。

 

こんな己の身などくれてやったほうがいいのだ、「ほんとうにみんなの幸のためならば」と。償うように、他の人の幸福のために犠牲を厭わないふたりは正に『蠍の火』だ。

 

 


★二人の訣別

   『銀河鉄道』の結末は悲しいものだ。
「カムパネルラ、僕たち一緒に行こうねえ。」
ジョバンニがそう言って振り返ったとき、もうそこにカムパネルラの姿はなかった。
夢から目覚めたジョバンニは、カムパネルラがザネリを助けるために川に飛び込んでそのまま戻らなくなったことを知る。
ふたりの物語は永遠の別れで幕を下ろす。

  夏目とつむぎの物語にも別れが待っているのだろうか。少なくともつむぎは、夏目に切り捨てられることを恐れていない。また、計略的にとはいえ友であった英智が危機に陥ったときには身を呈するような危うさもある。
  けれどSwitchの場合は、ふたりの物語ではない。

 

  春川宙は、夏目とつむぎを『めらめら燃えてた』『綺麗』な『お星さま』と言い表した。なんて的確なのだろう。宙は『蠍の火』がやさしい光であることに気づいているのだ。
だから宙は夏目が離れようとしたとき懸命につなぎとめた。絶対に夏目とつむぎの手を離そうとしなかった。
宙がいたから、Switchは3人で輝くことを選んだのだ。

 

 


  とまあここまでまことしやかに書き連ねたがすべて一転校生の持論である。
  プレアデスが『銀河鉄道の夜』を踏まえていることは殆ど確実なのでわけわかんねーという人もそれだけ覚えて帰ってほしい。まとめると宙ちゃんがいてほんま良かったSwitch尊いということです。


  それと蛇足なのだがプレアデス、スバしのが完全に付き合っていて最高だった。ありがとうございました。