蝸牛の庵

好きなこと、好きなだけ

バランスのはなし

このところ長い文章を書く機会というのに困っておらずご無沙汰だったが、久しぶりにただただ最近の考えを書き連ねてみる。校正はあまりしないようにしたい。整合性のなさ、一貫性の欠如も含めて私という人間だ、ちょっとは反省しろ。

とかく論ずることが好きなので、好きなことを語るというブログの方向性と齟齬はない。ないんや。

 

このところ、バランス感覚について考えさせられることが多い。
もちろん物理的な平衡感覚の話ではない。対人関係における、あるいは精神的な平衡である。

対人関係におけるバランスは、『空気を読む』というやつだ。
場の雰囲気や他者の感情に配慮して、自分の感情や希望を譲ったり、役割を変えたり、時間やエネルギーや物質的な犠牲を払ったりする。

日本人にはバランスを重視する傾向が強いが、私もまた過度にこれを気にするタイプである。バランスをとることにアンバランスな注意力を向ける。

致命的に自己肯定感が欠如しているので、よそさまに悪影響をもたらしてまで自分の意見を通す気がない。品のない下ネタも笑うし、相手のミスは容認する。
場の空気や他人の感情のほうが、自分よりずっと価値があるのだから。

こうして場の平衡への執着のために、精神的なバランスが崩れる。

精神的なバランス感覚は厄介だ。ホルモンに左右されたり、他者の何気ない言葉でぐらついたりする。本を一冊読んだだけで安定することもある。
すべてが自分の体重のかけ方に委ねられているのだから対人のバランスよりも簡単であるはずなのに、不思議なものだ。

ずっと中心点を探している。何に追われるわけでもないのに焦燥感に駆られる。みんなが海の見える豪邸のベランダで仲間とパーティーに興じている様子を見上げながら、或いは一所懸命に築き上げた堅固な石垣のうえで設計図を広げる姿を横目で認めながら、自分だけは丸腰のまま泥濘に流木で掘っ建て小屋をつくろうともがいている。

でもご安心を。人間はみんな、大人になったら自ずと安定するのだ。大人という生きものは安定している。心の作用も感情も自由自在だ。
そう盲信したままのこどもが、いよいよのこり半年で成人を迎えようとしている。

論点がタップダンスではあるが、要は大人になるとはバランスが取れるようになることなんじゃないかな、いまのとこ全然だめだな、年をとるのは嫌だな、という救いようのないピーターパンシンドロームである。

どこかに重心を置いて安住できるようになるのだろうか、それとも、足掻くのも悪くないと思える日が来るのだろうか。

そんなことを考えながらも、足場を固める努力も払わぬまま、三半規管の海に揺られる日々を過ごしている。