蝸牛の庵

好きなこと、好きなだけ

音楽のこと


音楽が好きだ。


といってもオーディオや音楽史に強い関心があるわけではなく、ましてやクリエイター側になどなれないと理解している。


なにせ小学生にしてピアノ教室で破門を言い渡された女である。私の前前前世のひとが音楽の神様に無礼をはたらいたのかもしれないとさえ思う。
オタマジャクシの群れは不器用な私を弄び、井戸の井みたいなやつも相互の互の中みたいなやつも憎しみの対象となった。
当時流行っていたプロフィール帳の特技欄に『ピアノ』と書くことに子供ながら良心の呵責を覚えるような腕前のまま、「わたしと音楽 〜激闘!ピアノ編〜」は幕を下ろした。


特技でないなら趣味かといえば、そういうわけでもない。
どうでもいいような場でどうでもいいように趣味を聞かれてどうでもいいやと『音楽鑑賞』などと答えたことならあるかもしれないが、基本的に自分の構成要素として読書とアイドルの比率が高いことは自覚している。
(一応注記を添えておくと、アイドルは音楽ではないと私は認識している。アイドルはアイドルやで)

 


ならばお前にとって音楽とは何だ。
この問いについてしばらく考えてはみたものの、単なる『娯楽』以上のタグ付けができないのであった。


無理やりに例えるならスーツにおけるネクタイのようなものだろうか。必須アイテムではないがオプショナルでもない。欠如しているからといって生命活動に影響が出るわけでも社会的に必ず問題視されるわけでもない。一日中身につけているときもあるが、全く触れさえしない日もある。だが多くの場合は被服とセットであるし、TPOによっては必要となる瞬間も存在する。


それから、ネクタイに例えることでかえって混乱しているのは他の誰でもなく私自身である。


つまるところ、そりゃあったほうがいいじゃんね、ということである。

 


ここで一度、自分の音楽遍歴を振り返ってみようと思う。


小学校高学年で手に入れたWALKMANにはじめて入れたアルバムは、確かくるりのベスト盤(2006年)とフジコ・ヘミングだった。
それからLOVE PSYCHEDELICO東京事変YUKI。実兄弟の影響が色濃く出ている。
その後Superflyにハマり、RADWIMPSにハマったあたりで第2次韓流ブームが到来。その後は専らK-POPばかりを聴いていた。
ひととおりアイドルをザッピングしたあとは、よりアーティスト色の強い韓国音楽を聴き倒し、高校に入ったあたりでサカナクションを皮切りに再びJ-POPを聴くようになる。
ところがここで昭和歌謡曲にハマるという誤算が生じる。iPodの中身が帰国後即40年タイムスリップである。和製ポップスの黎明期に一体何が起きていたのか、興味の赴くまま調べるうちに辿り着いたのがYMOだった。当然芋づる式にはっぴいえんどを聴き、大滝詠一を聴き、細野晴臣を聴き、矢野顕子を聴き、などとしているうちに引き上げた芋づるの端に懐かしいメロディを見つけた。


岸田繁、そしてくるり。はじめて音楽を能動的に聴くようになったとき、そこにあった音だ。あなたが紫のバラの人だったのね状態である。


かくして私と音楽を乗せた山手線は10年の時をかけて始発駅へと繋がるのであった。

 

 

以上が音楽的知識もなければこだわりも少ない、広く浅くスタイルの私の音楽遍歴である。


これを書き並べていると、メロディーと紐付けられたなつかしい記憶がたくさん蘇ってきた。あのときあの景色を見ながらこれを聴いたなあ、というようなややおセンチでドラマチックなものから、このCD貸したあいつのことすげえ嫌いだったんだよな、という昔舐めた辛酸の味まで。


なんだか自分の深部を曝け出すような気持ちだ。
音楽ってけっこう、人格に大きな影響を与えるものなのかもしれない。

 

 

なお今日の文章にテーマソングをつけるとすれば、くるりの『ワールズエンド・スーパーノヴァ』を選びたい。
ドゥルスタンタンスパンパン、ライブステージは世界の何処だって。

Remove all ads